<< 9/22(木・祝) 『L・セクマイ女性×一緒にカラダを動かそう』のご案内 | main | 京都一人旅 >>
「垣根を越える」

coLLaboブログをご覧の皆さん、こんにちは。
村田悠です双葉

 

 

この記事は、coLLaboに参加しているメンバーが
興味のあるイベントにお邪魔して、
どんなイベントでどんなところが面白かったか、
それぞれの目線で書くレポート
虹「コミュニティある記」虹きき

 

 


今回は、
新宿市民ファンド多文化共生連続企画
「垣根を越える」に行ってきましたハート

 

・・・・≪概要≫・・・・

 

【スピーカー】

◆関野和寛さん

◆室井舞花さん


【主催】

リンク認定NPO法人まちぽっと

リンク認定NPO法人高木仁三郎市民科学基金
リンク公益社団法人難民起業サポートファンド


【後援】

リンク新宿区社会福祉協議会

 

リンクチラシ
 

 


牧師でありながら、ロックバンドも行っている
牧師ROCKSの関野和寛さん

 

レズビアンとして「恋の相手は女の子」を書かれた
室井舞花さん

 

お2人のトークショー。

 

 

正直、キリスト教が身近ではなかったので
ロックな牧師さんってどんな方なんだろうって
楽しみにしていました。

 

しかも、開催場所は教会。
生まれて初めて足を踏み入れましたダッシュダッシュ

 

 

 *

 

まずは関野さんが「楽しくやろうぜ!」
の掛け声とともに4曲熱唱。
 
ボン・ジョヴィの「Livin' On A Prayer」
ビートルズ「Let It Be」
牧師ROCKSオリジナルの「キリエ・エレイソン」「トリニティ」

 

「Let It Be」はポール・マッカートニーが
お母さんと聖母マリアを重ねて作ったという裏話や
トリニティで歌われる「父なる神」などを通じて
キリスト教の概念がすんなり入ってきます。


牧師×ロックなんてびっくりしましたが、
「これってどういうことだろう疑問」って
聞きながら考えられるので、
 
年齢も性別も問わずとても楽しく入れる
手法なんじゃないかしら音符

 


 

2部では、室井さんが、
LGBTって言葉が広がった故に、社会が「知ったつもりになっている」と
一橋大学ゲイ学生の自死事件を切り口にトーク。
 
 
もっと、身近にいるってことを楽しく伝えていくために、

いまは中野駅で市民ギャラリーを使って、
・レズビアンマザー
・ロンドン在住のゲイ
などの写真を通じて多様性を伝える「Love is colorful」という展示をしたり、

新しい土地でパートナーさんと暮らすチャレンジをされているそうです。


室井さんは、LGBTの存在を踏まえた学習指導要領改定の
キャンペーンもされていますし、
いつもとても大切な一歩を、踏み出しているなと感じます虹虹

 


 

最後のトークショーで語られたことは、

 

【当事者を守ろうとして出来上がってしまう垣根について】

 

例えば、

 ●特別支援学級
  →ほかの生徒との交流を減らしてしまう。
 ●LGBTを"支援"する
  →間違うとLGBTが"特権"になってしまう。

 

"守る""支援"など他者から向けられる視線に
注意深くならなくてはいけないという示唆。
 

 

【キリスト教もまだ身近なテーマではないこと】

 

「牧師さんはパンを食べるんですか?」とか聞かれるそうです。

 


【「ありのまま」「多様性」の危険】

 

関野さん、
「Let it beをうたったけど、実際はありのままじゃダメで気を使えよ」
「その言葉を使えば何でもOK、ではない。」とずばずば言っていました。

 

室井さんもそれにこたえて 
「多様性」という言葉はとても大切だけど、
言葉だけが一人歩きしてしまって、そこで思考停止してしまい
実際の存在を見落としてしまう怖さもある、と。

 


【室井さんの考えるパートナーシップのポイント3点】

 

当事者であることで自尊心が少しずつ削れてしまうので、
支えてくれる第3者がいるのはとても心強い。

味方を作るために、この3点を重視/実行しているそう。
 
 ●身近なところでのセーフティネットをつくる。
 ●言える範囲で幅広くカミングアウトする。
 ●「結婚式」は2人で生きていくうえでのオフィシャルな宣言

 


 *

 

マイノリティもそれぞれいるし、

困っていることっていっぱいあるけれど、
いざ解決しようとすると、当事者だけではやっぱり限界があります。
 
様々なバックグラウンドがある人たちとの交流って
お互いに助け合えるきっかけになるし、
どんなことに困っているかもわかります。 

 

怖がっているだけではなく、
まずは出会うきっかけを作ることが
本当に大切なのだと感じた貴重なイベントでしたおかお(幸せ)

 

 

ちなみにLGBTとキリスト教の割合を比べてみると
キリスト教は人口の1%
LGBTは諸説ありますが約8
多くいるイメージがありましたが意外に少ないんですよね驚き

 

以前どうしてなのか考えてみた記事がコチラになります。

気になる方は合わせてどうぞ♪
リンク「キリスト教のリアル」人口比1%と8%、1%の方が多いイメージあるのは何故? 
 

 

 *

 

次回は、またテーマが変わり、

 

「ヘイトスピーチの隣にある希望
-大久保地域で行われた3つの試み-」


新宿区大久保地域で行われたヘイトスピーチ。
それに対抗する"反"ヘイトスピーチデモについて
ライブハウス「ロフト・プロジェクト」などが行った取り組みや

今回登壇した関野氏/「CCS世界の子供たちと手をつなぐ学生の会」が参加し、
国籍や立場を越えた相互理解の活動について
トークショーが行われるそうです。


◆日時:10月21日(金)19:00〜21:00
◆場所:ルーテル東京教会(http://jelctokyo.org/)

 

 

"次回も音楽あり、軽いアルコールありの気軽なスタイルで開催します。"

とのことですので、興味ある方はぜひ
認定NPO法人まちぽっと:info@machi-pot.org
にお問い合わせ下さいエメラルドシトリンルビー

 

 

 

村田悠
===============================
交際6年の彼女をもつ、29歳のレズビアン。

「好きな人を好きと言いたい」がテーマ。
現在は、ブログでの発信やセミナーの開催、講演などをとおし、
LGBTに限らず多くの生きづらい人々が
「イメージの枠に捕らわれず、自分らしく生きる」ということを実現できるように活動中。

毎日投稿しているブログはもうじき300日に♪
ブログ⇒http://blog.livedoor.jp/hmuratah/
===============================

| みんなのコミュニティある記 | 14:15 | - | - | - | ↑TOP
PROFILE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
★ご報告
以下の掲示板でプログラム告知をさせていただいております。
ありがとうございます。
LOUDさん(掲示板)
WWE InformationBBS
れ組スタジオさん(掲示板)
モバイル
qrcode