<< 12/12世田谷にじいろ広場「カミングアウトトーク」〜参加者の皆さまからの声〜 | main | coLLaboくるくる★2016年1月30日(土)開催です! >>
祝福を受ける、ということ
今年は暖冬ともっぱら言われていますが、だいぶん寒い日が多くなってきましたね。
風邪などひかれていませんでしょうか。

coLLaboスタッフのカワです。

私は昨年1月に、母方の祖母を亡くしたもので一応喪中なのですが、そういう慣習にあまりとらわれない大らかな祖母だったため、お空のばーちゃん新年おめでとう!的な挨拶をして新しい年を迎えました(笑)。

さて、1月にその祖母の一周忌がありました。
私とパートナーは、親族にもカミングアウトしているので、お通夜やお葬式には一緒に出席したのですが、一周忌当日は都合がつかず出席できませんでした。

パートナーと同居をスタートして、そろそろ丸8年になります。
付き合い2年目くらいから、親族が集まる席では「どうぞよろしく」と挨拶していました。
ウチの両親にはもちろん(ここ大事)、ご祝儀的な「お祝金」をいただきました。
「やったー!ありがとう」
ふたりで暮らし始める際の、準備資金にさせてもらいました。

母は6人きょうだいで、五女一男です。

何かの親族集まりの後、叔母のひとり(四女)からご祝儀が届きました。
「おぉ!」と驚き、喜んでいますと、

次に、長女の叔母からも。そして、次女の叔母からも。(ちなみに母は三女です)

「おぉお!?」と驚き、喜んでいました。

(それぞれに頂いたご祝儀は大事にしまっておいて、「いざ」のときに使おう、なんて言っていたのですが、丁度、昨年の6月にお家の部屋をリフォームする計画ができたので、その時に使わせてもらいました。めっちゃ助かりました)

そして、とうとう先日、祖母の一周忌のときに五女の叔母も「ご祝儀をいただく」という出来事が。
なんということでしょう!(ぱくり)

一周忌なのにご祝儀袋、という…なんとも珍妙な景色になったかと思いますが、
『仕方ない、祝ってやろうじゃないか』という叔母の心意気を感じて嬉しくなりました。
(ちなみに、一男の叔父からはまだでーす。欲しいでーす)

私たちが、ものすごーくアピールしてきたって訳ではないのですよ?
(いや、メッセージを受け取った方としては「すんげーアピールされた」って思っているかもしれませんが。。。)

【私たちは、同性で、女性同士ですけれども、一緒に暮らし、一緒に末永く生きていきたいと思っているのです。
それは、ここにいる人たちが、それぞれに家族を持つのと同じように、私たちが望んでいることです。】

そんなことを伝えつつ、「その場に、在りのままのレズビアンでいた」だけです。

受け取ってくれるひとは、受け取ってくれるんだなぁ。
もしかしたら、社会的に認知が少しずつでも広がってきていて、メディアなどでも取り上げられる機会が増えて、とらえかたも変わってきたのかもしれない。

coLLaboの活動もお伝えしてきて、世田谷の動きや、LGBT支援法律家ネットワークの署名に協力してーと呼びかけたり、ポツポツとでもセクシュアルマイノリティ関連のメッセージを伝えてきたからかもしれない。

私の知らないところで、母や父がセカンドカミングアウトして頑張ってくれたのかもしれない。

いろんな動きがあって、ひとって影響し合うんだなぁ、なんて思いました。
何年越しでも嬉しいなぁ。本当に。

「結婚式」をしなくても。
「披露宴」をしなくても。
(もちろん、したいひとはしていいですし、することの効果もあるのかなーと思います)

「ご祝儀」云々ではなくてですね。
(もちろん、お祝い金は、貧乏カップルにとっては、ありがたくてありがたくて助かりますけれど)

「祝福されるってすごいことだなぁ。嬉しいなぁ」
私とパートナーの思いは、まずここです。

いただくご祝儀袋を前に、正座して頭を下げる私たちなのでした。
(もちろんお礼状も書きますし、何かしらのお返しもいたしますよ!←無駄に主張してみた)

カワ(加澤)
| スタッフDiary | 23:28 | - | - | - | ↑TOP
PROFILE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
★ご報告
以下の掲示板でプログラム告知をさせていただいております。
ありがとうございます。
LOUDさん(掲示板)
WWE InformationBBS
れ組スタジオさん(掲示板)
モバイル
qrcode