<< twitter(ツイッター)はじめました♪ | main | 「世田谷にじいろひろば」(らぷらす区民企画協働事業)の講座予定 >>
みんなでイイネ!しませんか?
 

ブログをご覧のみなさまこんにちはLINKスタッフのかんです


お盆に入って世の中は夏休みモードですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

830日(日)に、第15LINK「出逢いの夏!〜みんなの毎日にイイネ!〜」を開催します。

詳細はコチラ→ http://info-event.co-llabo.jp/?eid=351#sequel

今日のblogでは、今回なぜこういうテーマを選んだのかを少しお話させてもらいたいと思います


日本はまだ、「女の人(に見える人)」は、「自分を女と思っていて、男の人が好きで、男の人と結婚して子供を産むもの」という前提で物事が進んでいるのが現状です


 TVの占いでは「今日は好きな異性に告白するチャンス!」。

 雑誌では「この夏の(男性に)モテ服はこれだ!」

 ネットを覗けば「結婚できない負け組にならないための10カ条!」


私は中学生の頃に「自分は同性の女の子が好きかも?」と気付きましたが、28歳になるまで自分がレズビアンであることを受け入れられませんでした世間が持つ「女性」のイメージがあまりにも強烈で、それ以外の選択肢があるとは思えず、同性である女性が気になったり、フリフリやリボンが嫌いだったりする自分を誤魔化して、もやもやしながら生活していました。


その誤魔化しにも限界が来た頃、勇気を振り絞ってとあるコミュニティに参加しましたそこで初めて自分以外のセクシャルマイノリティの人たちに会ったことから私の人生は大きく変わりました


自分と似たような人たちに出会いたいと思ってコミュニティに参加したこと、私にとってはすごく勇気が必要なことでした。最初はネットの検索欄に「レズビアン」と入力するだけでドキドキしていました。


ある日そんなコミュニティデビュー当時を振り返っていて、「いや〜、わたしがんばったな!」と思ったんです。誰かと共有して、褒めてもらいたい!とも


私は「自分を女と思っていて、女の人が好きで、結婚はしたいけど男の人とはしたくない」人です。私が世間一般の「女性」のイメージにぴったり合う人間だったら、こんな勇気を振り絞る必要はなかった。仲間を探すだけ一苦労。今でも生きづらかったり、悩みが多かったり


コラボに入って、世間が振りかざしている「女性」のイメージとは違うたくさんのレズビアンや多様な女性たちに出会いました。みんな自分らしく生きるために実はいろいろがんばってるんだろうな〜。みんなでその勇気やがんばりをワイワイ話して、褒め合ったら、絶対楽しいし、元気出るよな!と考えました。


「勇気やがんばりなんて…私何もしてないし…」と思う人もいるかもしれませんが(コラボで企画を練っている時に実際そういう意見あり)、そんなことありません


今このblogを読んでいる時点で、イイネ!なことだと思います。


え?そんなことでも?と思った方、8/30のプログラムではきっともっとたくさんの発見があります。「私すごいじゃん!」と思える素敵な時間が過ごせると思います。

いつもは見過ごしてしまいがちな、「がんばっている自分」と「同じようにがんばっている仲間」に出逢いませんか?


そして気が向いたら、私に「よくがんばったねぇ」と言ってください。すごく喜びます(笑)


みなさまのご参加お待ちしております




| coLLabo LINK | 13:16 | - | - | - | ↑TOP
PROFILE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
★ご報告
以下の掲示板でプログラム告知をさせていただいております。
ありがとうございます。
LOUDさん(掲示板)
WWE InformationBBS
れ組スタジオさん(掲示板)
モバイル
qrcode