<< 渋谷区「同性パートナーシップ証明」条例に続こう | main | 2月12日 晴れ >>
第8回LLスタディ 終了レポート
みなさま、こんにちはおてんき
相変わらず寒さは厳しい中ですが、特に寒風の強い1月31日に、LLスタディが開催されましたため、レポートをお送りします。

ひらめき「気になるテーマを気軽に専門家・経験者と学び合う」今年のLLスタディ、第8回目のテーマは、
『Lの入院・基本のレクチャー!』 〜おひとりさまもカップルさんも〜 でした。

冷たい風の吹く中にもかかわらず事務所までお越しいただいた参加者さまたちと一緒に、知識、情報、体験談と幅広く学ぶ時間をご一緒しました鉛筆2

今回は、「入院」という、ぼんやりと気になっている人は多い、けれどもなにが心配なのかが解らないというテーマでした。
またレズビアン、セクマイ女性だからこその心配ごとはなんだろう?、この場で解決策は出なくても心配事を共有して、参加者皆で考えていく時間にもなりました。

王冠2当日のラインナップは・・
 
1 入院時、わたしたちが気になる手続き
〜どんな手続きが必要? パートナーに関わってほしい! もしもの時は友人に頼みたい!
2 入院〜退院、具体的イメージ
〜必要なもの、相談先、支払いのこと〜
3 知っておきたい行政サービス
〜知識をもつことで不安を軽減!
4 お話しタイム
〜わたしたちが知りたい・シェアしたい、一緒に考えたいことを話し合いましょう〜

と、みっちりの2時間半でしたひらめき


参加された方から、感想を寄せていただきましたぴかぴか
おふたり、ご紹介いたします。

クリップ母が高齢な上におひとり様なので、突然入院しなければならない場合を想定し、
今回は会に参加させて頂きました。
会では、パートナーのことも含めた幅広い話でしたので、自分のことしか考えてなかったなあと内心、反省しきりでした。
植物セサミさん植物

クリップ今回のLLスタディでは、手続きや行政サービス、事例など身近で具体的な項目を盛り込んでいただいたので、
イメージがしやすかったのではないかと思います。
手続きや行政サービスについては、専門的で分かりにくい項目が多く、経験しないと見えない部分も多いと思いますので。
特に事例での「緊急時のカミングアウト」の話題の中で、普段は冷静に考えながら誰にカミングアウトする・しないを選択していますが、
いざ緊急の場面になったときに冷静になれるか、自分に置き換えて考えることができました。

また、グループでの話し合いで、「LGBTフレンドリーな医療機関があると安心」という話が出ましたが、
それに尽きるのではないかと思います。

しかし、まだまだそのような医療機関は少ない現実があるので、
その中で自分ができること・しなければいけないことをイメージすることができました。

植物隆弥さん植物


また、たいへん寒い中ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございましたぴかぴか
ご協力いただいたアンケートなどのみなさまの声は、今後のプログラムづくりや社会への働きかけに活かしていきたいと思いますぴかぴかぴかぴか

次回プログラムも詳細が決まり次第こちらでお知らせいたします。
ぜひ! 一緒に未来をつくっていきましょうるんるん


かわいいcoLLabo事務局 LLスタディ担当かわいい
| LLスタディ | 09:33 | - | - | - | ↑TOP
PROFILE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
★ご報告
以下の掲示板でプログラム告知をさせていただいております。
ありがとうございます。
LOUDさん(掲示板)
WWE InformationBBS
れ組スタジオさん(掲示板)
モバイル
qrcode