<< 12/28(土)Real Voiceお申込みについて | main | 2014/2/8(土)、LLスタディのご案内 >>
教育機関向けのDVDのこと
四葉のクローバーcoLLabo Blogをご覧の皆さま

あと数日で今年も終わりですね。
そんな暮れも迫る中ではありますが、お元気でお過ごしでしょうか。
異性愛者の行事色が強くなる年末年始ではありますが、どうぞ、あなたらしく、よい新年を迎えられますように。
そして、来年(も)。
coLLaboでお会いできたら嬉しいです。

さて本日は、情報提供ボランティア「シナノさん」が寄せてくださった、レポートをお届けいたします。

『セクシュアルマイノリティと医療・福祉・教育を考える全国大会』(2013年10月12日〜13日)で配布されていた『教育機関向けのDVD』の観賞会についてです。
このレポートの続きでもあります。

※シナノさんは、他にもいろんなセクシュアルマイノリティ関係の催しに参加されていらっしゃいます

三角大阪の全国大会で配布されていた教育機関向けのDVD

にじ平塚にあるher story にて、希望参加者と偶然お店に食事にいらした方の数名で観賞しました。

私は、学習指導要領とか、教員免許取得の講義や教員向けの講習で、教育機関に携わる人がセクシュアルマイノリティに関して学べる機会を作るべきだと思っています。

今回はかなり小規模でしたが、不特定の方と観賞する機会を持つことが出来、参考になりました。

このDVD は、実際の講演の予習として各教育機関に送って見てもらったりしているそうで、
DVD観賞会_2 小学生向けと、



DVD観賞会_1 高校生向けの2種類。




Gフロント関西QWRCの協力のもと、新設Cチーム企画で制作しています。

小学生向けのは、まずアニメでFTM の子の紹介と、動物キャラでの授業。
子供の頃のことから、日々感じていたこと、性別変更、カップルの多様性、性別について伝えています。
途中、実際に子供たち相手に話をする形を挟み、進みます。
話をするのは、FTM 、MTF、レズビアン、ゲイの当事者の方たち。

「この中で女の人は誰か当ててみて」とか「カップルはどの人とどの人ではしょう?」とか簡単ながら鋭い質問をしながら、授業が進みます。

その後の子供たちからの質問「家事はどっちがやっているの?」とか「相手のどういうところが好きですか?」とかかなり興味深く見られます(笑)

後半部分で、子供たちが感想を言ってくれるのですが、ゲイやレズビアンなど単語がスラスラ出てくる子とかいて、やっぱ小学生くらいから感覚的にどうなのかって出てくるもんなのねと、実感します。

高校生向けのは、まずドラマ仕立てでレズビアンカップルとカミングアウトについて伝えています。
その後、小学生向けのと同じ方たちのインタビューが入っています。

ドラマは学生演劇ぽい感じが親近感持てて、良かったです。
やっぱり当事者としては、家族が理解を示そうとしてくれるシーンがあると、嬉しいですよね。ゆう★

後半は当事者のインタビューも入っていて、色々な意味で興味津々びっくりき
私事ですが、いまシングルなので、カップルさんの話は気になります(笑)

今回の観賞会、どちらも60分くらいと短く、参加者も10人未満と少なかったのですが、ドラマの作りや全体的な構成が良く、好感持って見てもらえた印象でした。

当事者ではない人は言葉がすぐに頭に入って来なかったり、当事者でも子供たちはこんな話聞きたくなかったんじゃないか?なんて感想もあり、新たな気付きになりました。

四葉のクローバー個人的にはEテレで放送しても大丈夫そうな完成度だと思いました。
これを色々な場所で上映できるようにしたいですね
!

シナノ
| みんなのコミュニティある記 | 03:01 | - | - | - | ↑TOP
PROFILE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
★ご報告
以下の掲示板でプログラム告知をさせていただいております。
ありがとうございます。
LOUDさん(掲示板)
WWE InformationBBS
れ組スタジオさん(掲示板)
モバイル
qrcode