<< 2013年3/23(土)LLスタディのご案内 | main | coLLaboとリンク、ありがとうございます >>
post#2 日本にいくまでのいきさつ〜ハミルトンハイツ(N.Y)からの手紙〜
 coLLaboブログ読者のみなさま、こんばんは
今回は、東京で働くことになった経緯について、書こうかと思います。

今から2年ほど前の春。通算で10年働いた会社を辞めるべく、転職先を探していたところに思いがけないオファーが舞い込んできました。私はふつーにこれまでやってきた仕事を同業他社で続けるべく、ヘッドハンターが決めてきた面接に足をはこんでいたところ、その中の一社が日本語バイリンガルで実務経験者を探しているというのです。しかも、勤務地は東京。

面接の名目はアメリカの本社勤務だったので、いってみてはじめてきかされた話です。当時辞めようと思っていた会社でも、アメリカにいながら東京チームのサポートもしていたので業務自体に違和感はないのですが、同じ米国が本社の企業とはいえ、日本の現地法人勤務となると働く環境は全く違います。ニューヨークをベースに日本といったりきたりできる仕事が理想だけど、こちらを引き揚げてずっと日本で仕事をしていくつもりは、まだない、とまずは断りました。

しかし先方も簡単には引き下がりません。どういう条件だったら考えるのかというので、期間限定で米国住民権(グリーンカード)の保持に支障がない長さの赴任であること、本社に戻ってきてからの仕事も含めての契約とすること、ニューヨークにベースを残したまま東京で生活できるくらいの給与であること、等をあげました。私には一緒に暮らしている同性のパートナーがいて、彼女のキャリアを考慮すると今は動けないので単身赴任となること、そして合法的に結婚して住民権を取得するという選択肢はないので、いまもっているのを失わないようにしないといけないのだと説明した上での条件です。

 この時に面接した部門トップは、自身も外国人なので住民権取得の難しさについては理解がありました。具体的にどのような条件をクリアしたら支障なく国外勤務ができるのか調べてみて、あらためて連絡するというのです。それからは、まずは日本側の人事担当者(日本育ちのアメリカ人男性)と電話面接をし、諸条件について確認の上、最終的には日本での上司となる部門統括責任者(日本人男性)と電話で面接をして、数日後に正式なオファーが航空便で届きました。いずれの面接でも、給与と勤務条件のこちらの希望とその理由=同性パートナーを残しての単身赴任、を明言しての結果です。

幸い、パートナーは東京勤務と遠距離生活について反対せず、いいチャンスはしっかりつかんで活かすべき、と理解を示してくれました。オファー受諾のサインをした書類を送り返し、人事担当者からきた受領確認のメールに、質問あったらなんでも聞いて、とあったので、東京あるいはアジア全域をカバーしているLGBT employee networkがあるかどうかを尋ねてみました。

Employee Network (Employee Resource Groupともいいます)というのは、アメリカでは人種マイノリティ(少数派)、女性、LGBTあるいは障害者といったくくりでの社員同士の互助組織といった位置づけで、会社(人事)の承認を受けて従業員の有志によって運営されているものです。社員同士の交流会や、キャリアに役立つ情報共有、少数派の文化への理解を深めるためのイベントなどを企画したり、多様な人材が働きやすい環境整備について会社側や人事に働きかける役割も担っています。米本社は業界のなかでも積極的に LGBT従業員サポートに力をいれていることはよく知られているので、本社の方針がどこまで海外の支社にまで浸透しているのかいないのか、興味がありました。

ちなみに前の会社ではニューヨーク、ロンドンのLGBTネットワークは活発に活動していたのですが、米国内でも地方の支店や、ロンドン以外の海外拠点ではまだまだ、という状況。なので今回も正直いい返事はあまり期待していませんでした、が、人事担当者から「Out in Asiaという東京ベースのネットワークがある」という返事が。

いい方に予測を裏切られる結果でした。入社してまずは本社での研修を経て実際に東京に着任したのは2ヶ月後となったのですが、着いてすぐネットワークに参加し、先月帰国するまでの2年あまり、後半の1年間は代表として活動に関わっていくことになったのです。

ハミルトンNo2_1
研修が始まる前に、早めの夏休み。
NY郊外のファイア・アイランドでのんびり

ハミルトンNo2_2
次回は、Out in Asia ネットワーク(現在はPride & Allyに改称)を通して具体的にどんな活動をしていたのか、いくつかご紹介しようかと思います。

ではまた


| ハミルトンハイツからの手紙 | 00:37 | - | - | - | ↑TOP
PROFILE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
★ご報告
以下の掲示板でプログラム告知をさせていただいております。
ありがとうございます。
LOUDさん(掲示板)
WWE InformationBBS
れ組スタジオさん(掲示板)
モバイル
qrcode